読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUチャンネルBlog

YUの毎日の更新ブログ、思ったことをなんでも投稿!カメラ、写真、スマホ、ガジェット情報を提供致します!

【メルカリでのトラブル&クレーム】郵便局(ゆうパック)の対応も悪すぎるよ!俺は怒っている!

ブログ 日記 社会 生活 アプリ

どうも~。

YUチャンネルです!

この記事で200記事目となります。7カ月サボって、今日3記事目書いている最中でございます。200記事達成おめでとう~とお祝いしたかったのですが、たかが200記事で達成しましたアピールはいらないと感じましたので、違うことを書きたいと思います。

 

メルカリでのトラブル&郵便局の怠慢な態度

 

http://www.cmjapan.com/wp-content/uploads/2014/10/201410tvcm1-4.jpg

スポンサーリンク

 

【メルカリを利用して、初めてのクレーム】

メルカリは確かに便利なもので、これまで要らなくなったものを出品してきました。今まで、一度もトラブルもなく過ごしていたのですが、ある日突然クレームが入りました。

メルカリでは、落札後、互いに文章のやりとりを通じてお金を振り込んだり、商品を送ったりするメールツールのようなものがあります。

今回落札していただいた商品(仮に商品Aとします)を相手先に送りました。メルカリやヤフオクでもそうですが、きちんと相手に伝わる文章、商品紹介の際にその商品に間違いはないのか?をきちっと表示する義務があります。

私自身は送付前に商品A(精密機械)をきちんと動作するかを確認し、プチプチにしっかり包んで、箱の隙間もほとんど無いような状態でゆうパックにて落札者様に送付しました。

ここまではすんなりといつも通りお金も振り込んで貰い(お金を振り込まないと私は送れないシステム)、ゆうパック

上積厳禁、こわれもの、上下さかさま厳禁

にしっかりチェックし、発送してもらいました。

次の日(8月28日)に届いたみたいで、落札者様から連絡をいただきました。

落札者様「これってどうやって電源いれるのでしょうか?」

私「充電してから電源を入れ直してください」

 

数分後・・・

 

落札者様「どうやっても電源が入らない、もしかして郵便の事故か何かですかね?」

私「私が使っている時も、発送させていただくときも正常に作動しておりましたよ」

落札者様「一応、いろいろ試してみたのですが、やはり電源が入らない為、明日郵便局に持っていき、事情を説明します。」

私・・・まさか、ブッ潰れたモノを送ってしまったのか?とココロの中でつぶやいていました。

私「大変申し訳ございません。」と何回も何回も謝りっぱなしでした。

 

次の日(8月29日)

落札者様の最寄りの郵便局から電話がかかってきました。

落札者様から潰れているとお聞きしましたが、発送する際は動いていましたか?

と聞かれ、

私「そんな潰れてるものを商品として出す訳ないじゃないですか!」

最寄りの郵便局「もう一度やり直してみます。また連絡を入れます。もしかしたら損害賠償という形になるかもしれません。」

 

???損害賠償???

 

それから2週間程、郵便局から連絡がありませんでした。落札者様がゆうパックの保証を使って、現金が戻ってきて納得されているのかな?と思い、日々を過ごしていました。

スポンサーリンク

 

【その後の展開】

落札者様からメルカリを通じて連絡がありました。

落札者様「その後、どうなっていますか?」と一言。

 

え?えええええええ??

 

?????????????????

 

頭の中が真っ白になっている自分がいました。

そう、郵便局は全く損害賠償金を支払っていなかったのです。

落札者様「こちらの最寄りの郵便局では、発送先(私の最寄りの郵便局)の郵便局に話は入れてあるとの事で、また郵便局が郵送時の事故として判断した場合は、損害賠償金が支払われるとのことですが、私には支払われないんですよ」との事でした。

 

ここで、簡単にまとめると

郵便物が郵送中に破損事故を起こして潰れてしまった場合、

受取人は事故の真実を述べるだけで、受取人には損害賠償金は支払われないとの事

では、誰が損害賠償のお金を受け取れるのか?

それは発送した人が受け取れる仕組みになっているのです。

なので、落札の時にいただいた金額+損害賠償金が入ってくるという訳です。

これでは2重でお金をいただくことになるので、落札いただいた金額を即座に、相手先口座に振り込むということでご納得いただけました。

【なぜ2週間も時間がかかったのか?】

9月8日に早速、郵便局に真実を話してもらうために、とことん言い訳話を聞いてやりました。

私「なぜ2週間もの間、放置していたのか?連絡くらいは貰えないと困る。相手との信頼関係ですので。」

郵便局側は損害賠償をするということを8月28日の段階で決めていたらしいのですが、

私の最寄りの郵便局が当時他の損害賠償の処理に追われていたそうで、

私の損害賠償のことは聞いていたが処理し忘れていたということでした。

つまり9月8日まで私が連絡しないと1か月、2カ月後になっていたのかもしれません。

郵便局は以前は国が管轄していたこともあって、上層部はあまり変わっていないそうです。

そのことを受取人の方に伝えると、かなりビックリされた様子でした。損害賠償金受取の用紙にも記入しなくちゃいけないですし、郵便局に何回も連絡をいれさせられましたし、散々な結果に終わってしまいました。

もうすでに受取人の方に、全額返金を終え、郵便局からも損害賠償金を支払っていただけたので、無事すべてが終わりました。

【纏め】

とにかく疲れました。郵便局での責任の擦り付け合い、落札者様への連絡、どこまで処理が進んでいるのか?全く連絡のないまま、不安な日々を過ごす羽目になってしまったのです。

初めてのことでしたので、本気で疲れました。

ネットで中古を売り買いするときの怖さを初めて知りました。

今後は、このようなことが無いようにしていきたいと思います。

郵便局の対応には今でも怒っております!!!

 

メルカリでのトラブルのお話でした。

 

メルカリってイイことばかりじゃぁ、無いね!!(笑)

スポンサーリンク