読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUチャンネルBlog

YUの毎日の更新ブログ、思ったことをなんでも投稿!カメラ、写真、スマホ、ガジェット情報を提供致します!

サイドバーの考え方。カテゴリー項目はいくつぐらいが妥当か?カラムについても勉強してみました!

こんばんは。YUチャンネルです。

 

初歩中の初歩ですが、今日やっとカテゴリを設置することが出来ました。

今まで、全く設置せずにやっていた為、130記事ちょっとをカテゴリ別に設置しましたが…

昨日の段階では、カテゴリが100項目程、

バカみたいに沢山作ってしまった為(設置の仕方が分かっただけでしたww)、

本日は19項目まで減らしました。

これから記事を書くことによっていくらかは増えるかもしれませんが、25項目程度が自分にはいいのかな?と思います。

135記事程を20項目ほどでまとめるのは、それほど難しいことではなく、大きなくくりとして纏めた次第です。

今日は、「カラム」という言葉について勉強していこうと思います。

お勉強なので、退屈だと思いますが、最後まで読んでいただければ幸いです。

 

 ↑

このカラムではない(笑)

 

スポンサーリンク

 

【カラムについてのお勉強】

afimax.com

カラムというのは、
ブログレイアウトの列数のことです。

基本的には以下の3種類になります。

カラムとは?
2カラム(左メニュー) :左側にサイドメニュー、右側にコンテンツ
2カラム(右メニュー) :右側にサイドメニュー、左側にコンテンツ
3カラム        :右と左にサイドメニュー、中央にコンテンツ

 

ここまで私の場合は、詳しくまだできないので、勉強代わりに引用させていただきました。レイアウトと言っても人間の思考をも考えて作成する必要があるみたいですね。

 

【1カラム】

ワンカラムのメリットは、ヘッダがあり、メインコンテンツがあり、フッターがある、サイドバーがないレイアウト。

http://www.orehayatta.com/wp-content/uploads/2013/03/1c.png

【2カラム】

一番多いパターン。左にメインコンテンツがあり、右にサイドバーが配置されているレイアウト。

http://www.orehayatta.com/wp-content/uploads/2013/03/2c.png

PC表示されるのがこの2カラムのパターンが多いと私は思います。

3カラムのことはここでは説明しません。情報量が多くなれば、3カラムを勉強しようと思っています。まだまだ先だけど・・・ww

スポンサーリンク

 

【1カラムにするメリット、デメリット】

http://munetti-affiliate.com/wp-content/themes/refinepro/img/shortcodes/ill-douzo-m2-l.png

syumart.jp

1カラム構成のメリット
•見た目がシンプルで記事本文に集中できる
•メインコンテンツを広くとることができる
•サイドバーがないので管理が楽

やはり1カラム構成の最大のメリットは「メインコンテンツに集中できる」ということかと思います。

と書かれています。

また余計な広告や売り込みバナーがない為、シェアをする方も気楽に紹介できそうな気がします。多くの読者にシェアされたい!と思えばこちらの1カラムでの記事の方がウケがよさそうですね。

しかし、デメリットもあります。

http://munetti-affiliate.com/wp-content/themes/refinepro/img/shortcodes/ill-nayami-m2-l.png

1カラム構成のデメリット
直帰率が上昇する可能性がある
ユーザビリティの低下

直帰率とは、「あるサイトの1ページだけ見て、他のサイトへ移動する人の割合」です。サイドバーがないということはそれだけ内部リンクが少なくなり、閲覧者の目を引くものがなくなるので、メインコンテンツだけ見て帰る人の割合が増える可能性があります。
ただ、直帰率の低下は必ずしも悪いことではなく、「その記事だけで目的を達成できたので、そのページだけで十分だ」、つまりそれだけ記事の内容が充実しているととらえることもできます。

また、1カラムデザインを採用しているサイトはあまり多く見かけないので、初めて訪れた人が少し困惑してしまう可能性もあります。サイドバーにナビゲーションリンク(「お問い合わせ」や「カテゴリー」など)がないので、何か探す目的があって来た人はどこを探せばいいかわからなくなるかもしれません。 

メインのコンテンツの部分しか目に入らなくなってしまうため、

他のメニューやほかの記事への誘導が難しくなると思われます。逆に言うと、メイン記事をしっかり読んでもらえることになります。しかし、他の記事を読みたいと思うときにどこをクリックすればいいのか?わかりにくいというデメリットもでてくるでしょう。

【2カラムのメリット、デメリット】

oreblo.com

【メリット】
1、記事(コンテンツ)欄が広いので、記事が読みやすい。
2、記事欄が広いので、記事内に大きくて見やすい画像を使うことができる。
3、情報量が多くないので、サイトレスポンス(読み込み)が早い。

【デメリット】
1、サイドバーが1つなので、1ページが縦に長くなりやすい
2、サイドバーが1つなので、広告を掲載するスペースが少ない。
3、いかにもブログと見られるデザインになりやすい。

4、たくさんの商品を紹介したい場合などは、縦に長くなり、ブログの見た目が悪くなる。

2カラムの場合は、基本的に記事の表示スペースが広くなるので記事を良く読んでもらいやすいです。
その分、記事以外のサイドバー等にはあまり目がいかない為、サイドバーの広告等をクリックは多くないはずです。

※1カラム、2カラムのどちらを表示させればいいのかは、そのサイト毎によって違うという結論です。どちらにもメリット、デメリットがあり、内容によっても随分と変わってきます。

 

【結論】

今回は、3カラムのことは特に触れませんでした。まだ私がその領域までいっていないということと、最近ではスマホの普及により、1カラムで表示されてしまっているブログが多いので、1カラムからのカスタマイズをしていく方が多くのユーザー様に見てもらえると考えたからです。

PCから閲覧となれば、2カラム、3カラムの方が見やすくて便利なのかもしれませんが、まだお勉強中なので、これ以上のことはわかりません。

はてなブログではスマホバージョンに切り替えたとしても、2カラムを表示させることはできるのでしょうか?この辺がまだ分かっていないので、もしわかる方がいれば、ご教授願いたいと思います。

http://u-note.me/img/post/2014012610575553.jpg

 

とりあえず、今日は一つ学ぶことが出来ました。まだわからないことがたくさんなので、最小限ではありますが、一つカテゴリーという点でカスタマイズが出来ました。

また、カラムという記事の構成についても少しわかったような気がします。

これらを少しは理解して、ブログを書いて行けばまた違った切り口からブログを書けるようになるでしょうし、見れるようになると思います。

 

おわり!

※まだまだ理解できていないこともあるので、ご教授願えたらと思います。

まずは内容のある文章や記事じゃないといけないのは理解していますが、自分なりに何とかまとめてみました。 

スポンサーリンク

 

 

【過去記事】

 

yuchanel.hatenablog.com

yuchanel.hatenablog.com

yuchanel.hatenablog.com

yuchanel.hatenablog.com

yuchanel.hatenablog.com

yuchanel.hatenablog.com

yuchanel.hatenablog.com