読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUチャンネルBlog

YUの毎日の更新ブログ、思ったことをなんでも投稿!カメラ、写真、スマホ、ガジェット情報を提供致します!

まじめな話。身近の死・・・について考える。

社会 ブログ 日記

こんばんば。

今日、祖母が亡くなった。

急性肺炎。

明日がお通夜、明後日が告別式・・・

ここ何年か、ずっと老人ホームにいてたまに顔を出していた。

 

元気そうだった。2日前程に肺炎を患って、老人ホームから急遽入院。。。

今朝、両親がお見舞いに行ったころには、

まだしゃべることも出来て、意思疎通も出来ていたみたいだ。

しかし、体調が急変して、午後に亡くなった。

 

午後、何回も家の電話がなるなぁーと思っていて、電話に出てみると、危篤に近い状態。。。とのこと。看護師の抽象的な言葉に言葉を失ったが、肺炎になった時点で私はある程度覚悟を決めていた。

もしかしたら。という気持ちでいっぱいだった。

いつ急変してもおかしくない状態。それは親にも言われていた。

 

それにしても早すぎる。今朝までまだ元気だった人のことを急に死が襲う。

これを読んだ方は、お前、今ブログなんか書いてる場合じゃないだろ?とお思いの方もいらっしゃるだろう。

私もこの思いをどこにぶつけたらいいのだろうか?

悔しい、寂しい、もっと長生きして欲しかった・・・

誰にでもある経験。ちょうど6年程前にも祖父が亡くなった。

その時の思いがまた蘇ってきたようだ。

私が言いたいことは、

今こうしてブログを読んでくださっている中にも、

誰かが入院してて・・・とか、私のようなことを身近に感じることもあるだろう。

人の記憶は、忘れられるように出来ていると思う。祖父の時の悲しみは、その時だけであったり、何か月もすれば少し忘れていくような気がする。

葬式で2日くらい縛られて、そのあと気分解放みたいな感じかもしれない。

あの時、こうしてればよかったなーってその時になってみないとわからない。

だから、今、私のような状況におかれている方は、是非、お顔だけでも見にいってきてください。

同級生の中に介護士してる方がいて、話を聞いてみると、老人ホームに預けてるし、お金も払ってるし、面倒はそっちでちゃんとみて!とか思ってる方も多いらしい・・・

お見舞いもほとんど来ない。。。とかで孤立してしまっている方も多い様子。

長々と駄文、申し訳ありません。

私のように後悔がないように、今あるそこの幸せを幸せだと感じながら生きていってください。もし、入院されている方とかいれば、たまには顔を出してあげてください。

それだけです。

また、時間があればブログ書きたいと思います。

ちょっとでも私の気持ちが伝わればいいなと思っています。この壁を乗り越えられるように頑張ります!

いつも読んでいただき本当にありがとうございます!!